★ Note 2013

●'Hernan Miranda' 展覧会

パラグアイ共和国独立200周年を記念して、千代田区六番町のセルバンテス文化センター2階にて、パラグアイ出身のアーチスト、エルナン・ミランダ氏の展覧会が開催されています。

パラグアイの作家が日本に紹介されたのは初めてのことで、エルナン・ミランダ氏が いかに注目されているかが分かるというものです。

実は、エルナンとは友達! 昨年の夏も、彼の本拠地であるフロリダのギャラリーを訪れました。しかも、私の作品も置いてもらっています。

彼の作品は、テキスタイルの一部をそのままオイル・ペイントの中に埋め込んだり。虚と実がミックスして新しい虚と実の世界をつくり上げる不思議な世界です。

最終日は5月26日の日曜日(最終日は13 : 00まで)まで。

是非…是非! お出掛け下さい!

 

 

Exhibition of Mr.Helnan Miranda who is the artist and the gallerist

I respect was held untill in May 26.

 

Artists from Paraguay is to hold the exhibition, it is the first time in Japan!


So Cool!

 

●終わったぁ〜!

2013年5月6日、やっと終わりました。
此処数年間、自分の作品ではなく、他人の作品の展覧会のために一生懸命動いてきた集大成と言いますか。第一歩と言いますか。とにかく東京での展覧会が終わりました。

 

この後、関西、名古屋地区、その他たくさんの地域での開催が予定されています。

自分の作品展であったなら…。どんなに嬉しいことやら。規模が違い過ぎて嫉妬はありませんが。今、モーレツに作品づくりがしたい。そんな気分で一杯です。 作家とは、業が深い生き物です。

 

 

May 6, 2013, was over at last.

 

The past few years, rather than my work, and I have been working hard for the exhibition of the work of others.

Do you say it's the culmination. Or, do you say it's the first step?Anyway, exhibition in Tokyo was over .

 

After this, it'll be held in Kansai, in Nagoya, in the region and much more is planned.

 

If it was my own exhibition .... !

I wonder that no matter how nice. There is no jealousy scale is too different.

 

Now, I'd like to create works hard. It is filled with such feeling. The creator is deeply sinful creature.

 

 

 

●ふと思う…こと

 

昨秋、ロンドンのテート・モダン・ギャラリーで開催された「ウイリアム・クライン+森山大道」写真展は、大変に評判が高かったようだ。

 

おふたりとも、20世紀の重要な写真家であるが。我が青春期に見覚えのある氏の作品を目の当たりにすると、懐かしい! という感情が先に立ってしまった。

写真という「瞬間」を表現するメディアにとって、その被写体の時代背景が古びたモノである事は仕方がない。
勿論、普遍的な訴求力は其処彼処で感じるし、西洋人から見たら、さぞや新鮮で有機的な撮り方であると感じるだろう。

 

そう。私の言いたいのは、結局、世界で認められるメイドイン・ジャパン の作品は、東洋的サブ・カルチャーなのかという点である。

何がサブで、何が本流ということもないかも知れないし、求められるものだけを表現したという訳でもない。海外で求められるジャポニズムとしてのアイデンティティーを、今年は、もう一度考え直してみたい。

 

 

Last fall, was held at the Tate Modern Gallery in London photo exhibition "William Klein + Daido Moriyama ", seems to have a very high reputation.

 

With both of them, it is important photographer of the 20th century. And to witness the work of Mr. familiar with during my youth, feeling that! Nostalgic got up first.

 

I can not help that for the media to represent the "moment" of photography, historical background of the subject is the thing that it was old.Of course, I felt in that place there is a universal appeal, as seen from the western people, he would feel to be a way of taking organic fresh photos.

 

 

So. After all, I want to say is the point of the work made ​​in Japan, which is recognized in the world, or a sub-culture of oriental.

 

What does the sub, but might never anything that mainstream. And,I do not even mean to express only what is needed.

This year, I want to seek once again, the identity as Japonism sought abroad.