KAZZ Morishita

KAZZ 森下 / 風 Gallery

img_7216.jpg img_7234_2.jpg

"SAKURA"が咲いた
KAZZ 森下 個展

KAZZ 森下 Exhibition 2019

−「SAKURA」が咲いた !−
MEDEL GALLERY SHU
2019年 Feb.25 Mon. -  Mar.10 Sun.
11:00 - 19:00 (the last day until 17:00)

about ART

KAZZ 森下's アート

KAZZ 森下個展
−「SAKURA」が咲いた !−

MEDEL GALLERY SHU
>> more information
2月25日(月)〜3月10日(日)   Feb.25 - Mar.10
11 : 00〜19:00(Mar.10 / 11 : 00 - 17:00)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-1-1帝国ホテルプラザ2F
1 Chome-1-1 Uchisaiwaicho, Chiyoda, Tokyo 100-0011
OPEN:11:00 – 19:00     Tel : 03-6550-8111

桜が特別な花に思われてならないのは、私だけだろうか?
否、たくさんの人たちにとっても、大切な存在であるだろう。
 
長い冬の寒さをようやくやり過ごした後、満天に向かって見事に咲き誇る春色の花びら。
「そうなンだ  ! 」−昨日までのつらい寒さはこの喜びのためにあったンだ。そんな思いさえ感じてならない、春のお印。
 
それは、同時に人生のお印でもある。枯れ木同然の冬の時を乗り越えて、又、あんなにも美しい花を咲かせてくれる、ひたむきな情熱。まさに命そのものである。
桜の寿命は種類によって様々だ。
ソメイヨシノは60 年くらいと言われているが、エドヒガンは100 年過ぎたくらいでも注目されない。中には、1000 年以上も咲き続ける先代桜と呼ばれる特別な存在もある。
いずれにせよ、有限であることが、切なくも限りある人生のきらめきを教えてくれる。
何と…まぁ、見事な散りっぷり !
今年も又、春の証人となれたことに感謝  !

gallery_01a1.jpg gallery_01a2.jpg gallery_01a3.jpg gallery_01a4.jpg

Moonlight

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Good Morning

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Breeze

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Storm

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Good Morning

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Ebb Tide

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Cherry-Blossom Night Viewing

H1100 × W1470mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper 2017

MISTY, MOONLIT NIGHT

H1100 × W1470mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper 2017

Not Yet…!

H645 ×w.1220mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper, framed / Original Frame 2015

The Feast-Black

H1150 × W2300mm
Photographic Art / Print on Washi / Framed 2016

The Feast-Blue

H1150 × W2300mm
Photographic Art / Print on Washi / Framed 2016

Softly

H1150 × W2300mm
Photographic Art / Print on Washi / Framed 2018

Satisfactory Full Bloom

H1180 × W600mm Photographic Art pigment print on Japanese paper 2016

Satisfactory Full Bloom 2

H1180 × W600mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper 2016

Pure Solitude

H760 × W1020mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper, framed 2018

The Feast-Blue

H1615 × W2400mm (610+590+590+610)
Pigment Photo Print on Washi With Sunago (Gold/Platinum Powder) 2018

The Feast-Black

H1615 × W2400mm (610+590+590+610)
Pigment Photo Print on Washi With Sunago (Gold/Platinum Powder) 2018

Dark in Full Bloom

H1350 x W450mm
Photographic Art / Print on Hand made Washi made by Mr.Ichibei Iwano / Original Frame 2018

 

 
月は長い間、私を魅了し続けています。まるで憑物に取り憑かれたように。
 
この地球の唯一の衛星は、27.32日かけて、円に近い楕円形の軌道で地球の周りを廻っています。しかしながら、朔 (新月)→上弦→望(満月)→下弦→朔と、完全に見栄えが一周するには、約29.5日、より正確には29.530589日が必要となります。
 
また、不思議なことに、月の自転周期は27.32日で、公転周期と完全に同期しているため、地球上から見ると、月の裏側を直接観測することは永久にできないのです。何と、月は慎ましく、ミステリアスな存在なのでしょう。
 
私達の年代が子供の頃、月は更に神秘でした。古来、暦を読むことを「月を読む」「ツキヨミ(ツクヨミ)」「月読」と言ったものですが、月の満ち掛けは潮の満ち引きだけではなく、人類に多大なる影響をもたらすものだと信じられていました。さすがに、ウサギやかぐや姫の存在は信じていませんでしたが、夜道に映る自分自身の影との追い駆けっこはとても楽しい記憶です。現代の都会では、そんなことはとても無理ですが。
 
気象衛星DMSP(defense meteorological satellite program)が観測した膨大なデータの中から、常に出現する光源のみを全地球的に収集したものが World Stable Lightデータとして公表されており、それを見ると、やはり都市周辺は煌々と光り輝いています。街としての灯りが大きな問題です。無論、犯罪を抑制したり、ライトアップによる美しい光景を見ることができるのも確かです。
 
唯、膨張し続ける人間の欲望の肥大化にどこまで付き合わされるのか、この先の世代のことを考えると心配です。そして、そんな警鐘を含めてつくられたのが、この KAZZ MOON というプロジェクトです。
 
月影とは、月明かりのことをいいますが、美しい天然の月と人の手によってつくられた建造物との対比と一体化。そのパラドックスとも言える美しい光景を、もう一度、じっくりと見直して頂きたい。そんな風に考えております。

テクニカルノート

 

 
KAZZ MOONは、世界で初めて月明かりによって感光させたゼラチンシルバープリント写真によるアート作品シリーズです。

月光によって「ゼラチンシルバープリント」の作品がつくられる!!!??? 
  
それには、まず、光の汚染が少なく、屋外で作業ができる場所を探し出し、そこに行かなければなりません。感光作業のために利用可能な時間は、満月、満月前の1日、満月後の1日、つまり、ひと月に、たったの3日間です。しかも、屋外であるために、天候の良し悪しは重要で、雨や曇りの日の操作は不可能です。 
  
通常、ゼラチンシルバープリントは、暗室で感光されます。通常の大きさであれば操作はひとりでできますし、フィルムを拡大して露光することも可能です。 しかし、KAZZ MOONシリーズの場合、月明かりによって行われるため、画像を拡大するという行為は出来ません。つまり、1分の1の大きさによるプリントを行います。今回の作品は、縦2m40cm x 横80cm という大型作品なので、そのサイズのフィルムが必要だということになります。 
  
そんな大型フィルムのプリントは、1回の操作で多くの作業が必要となり、1回の感光作業で、少なくとも4人の協力が必要となります。しかも、すべての材料は高価です。 
近年、大部分の写真技術がデジタル化されて、ゼラチンシルバープリントの需要は極端に減少し、用紙や感光液などの材料を扱う企業の数も少なくなって、価格は高騰しています。 
  
しかし、我々はこの難点に妥協することはなく、利用可能な最良の材料と技術によって月光によるゼラチンシルバープリントの作品を完成させました。 
  
美術館のアーカイブ規格に適合する方法で、作品の製作からフレームの仕上げまで作業をしています。すべてのプリントは長期保存が可能で、フレームなどに使用されているすべての材料も、長期間保管できる素材によってつくられています。 
  
その繊細できめ細やかな表現を、是非、ご高覧頂きたい。そんな風に考えております。

 
 
The Kazz Moon series is the world's first photo sensitized to moonlight with the traditional gelatin silver printing method.

There are many difficulties to sensitize gelatin silver paper to moonlight. 
One of them is to go to a place where there is no light pollution and work outdoors in order to sensitize only by pure moonlight. 
  
The time available for work during the month is only 3 days (full moon, one day before the full moon, one day after the full moon) around the full moon. 
It is affected by the weather because it gives outdoors exposure. 
Even in rainy and cloudy days, the exposure value changes and the operation is impossible. 
  
Typical gelatin silver prints are exposed to the light of a light bulb in the darkroom. Therefore, it is possible to enlarge the film to give exposure. In the case of The Kazz Moon series, it is not a concept to enlarge the film because it should be exposed to the moonlight. 
  
Large size prints require a lot of work for a single operation. 
When working on a single exposure, one person can do enough in a dark room, but the Kazz Moon requires at least three people. 
All materials are expensive. Gelatin silver print is a traditional photographic technique that is gradually disappearing. 
  
As the majority of photographic techniques have been changed to digital form, demand has decreased, the number of companies handling materials such as photo papers and emulsions is decreasing and the price is getting higher. 
  
However, we did not compromise on this difficulty and finished the gelatin silver print with the best materials and techniques available. A full-fledged gelatin silver print of this size will be even harder to see in the future. 
  
We work in a way that meets the museum archival standards from the production of the print to the finish of the frame. 
  
All prints are made with neutral treatment to ensure long-term preservation. All materials used in the frame are made of neutral materials that can be stored for long periods of time. 
  
It is fundamentally different from the most commonly used Archival Pigment Print (Inkjet Print) or Digital Gelatin Silver Print using a laser.

about KAZE Gallery

風ギャラリー

〒111-0042

東京都台東区寿3丁目19-2シュロス浅草 202号

Contact

お問い合わせ

FacebookInstagram


『KAZZ Morishita ( KAZZ 森下 )』のFacebook、Instagramです。