KAZZ Morishita

KAZZ 森下 / 風 Gallery

img_7216.jpg img_7234_2.jpg

"SAKURA"が咲いた
KAZZ 森下 個展

KAZZ 森下 Exhibition 2019

−「SAKURA」が咲いた !−
MEDEL GALLERY SHU
2019年 Feb.25 Mon. -  Mar.10 Sun.
11:00 - 19:00 (the last day until 17:00)

about ART

KAZZ 森下's アート

KAZZ 森下個展
−「SAKURA」が咲いた !−

MEDEL GALLERY SHU
>> more information
2月25日(月)〜3月10日(日)   Feb.25 - Mar.10
11 : 00〜19:00(Mar.10 / 11 : 00 - 17:00)
〒100-0011 東京都千代田区内幸町 1-1-1帝国ホテルプラザ2F
1 Chome-1-1 Uchisaiwaicho, Chiyoda, Tokyo 100-0011
OPEN:11:00 – 19:00     Tel : 03-6550-8111

桜が特別な花に思われてならないのは、私だけだろうか?
否、たくさんの人たちにとっても、大切な存在であるだろう。
 
長い冬の寒さをようやくやり過ごした後、満天に向かって見事に咲き誇る春色の花びら。
「そうなンだ  ! 」−昨日までのつらい寒さはこの喜びのためにあったンだ。そんな思いさえ感じてならない、春のお印。
 
それは、同時に人生のお印でもある。枯れ木同然の冬の時を乗り越えて、又、あんなにも美しい花を咲かせてくれる、ひたむきな情熱。まさに命そのものである。
桜の寿命は種類によって様々だ。
ソメイヨシノは60 年くらいと言われているが、エドヒガンは100 年過ぎたくらいでも注目されない。中には、1000 年以上も咲き続ける先代桜と呼ばれる特別な存在もある。
いずれにせよ、有限であることが、切なくも限りある人生のきらめきを教えてくれる。
何と…まぁ、見事な散りっぷり !
今年も又、春の証人となれたことに感謝  !

gallery_01a1.jpg gallery_01a2.jpg gallery_01a3.jpg gallery_01a4.jpg

Moonlight

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Good Morning

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Breeze

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Storm

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Good Morning

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Ebb Tide

H550 x W2000mm
Photo Printing on Alumite 2018

Cherry-Blossom Night Viewing

H1100 × W1470mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper 2017

MISTY, MOONLIT NIGHT

H1100 × W1470mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper 2017

Not Yet…!

H645 ×w.1220mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper, framed / Original Frame 2015

The Feast-Black

H1150 × W2300mm
Photographic Art / Print on Washi / Framed 2016

The Feast-Blue

H1150 × W2300mm
Photographic Art / Print on Washi / Framed 2016

Softly

H1150 × W2300mm
Photographic Art / Print on Washi / Framed 2018

Satisfactory Full Bloom

H1180 × W600mm Photographic Art pigment print on Japanese paper 2016

Satisfactory Full Bloom 2

H1180 × W600mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper 2016

Pure Solitude

H760 × W1020mm
Photographic Art pigment print on Japanese paper, framed 2018

The Feast-Blue

H1615 × W2400mm (610+590+590+610)
Pigment Photo Print on Washi With Sunago (Gold/Platinum Powder) 2018

The Feast-Black

H1615 × W2400mm (610+590+590+610)
Pigment Photo Print on Washi With Sunago (Gold/Platinum Powder) 2018

Dark in Full Bloom

H1350 x W450mm
Photographic Art / Print on Hand made Washi made by Mr.Ichibei Iwano / Original Frame 2018

 

 
月は長い間、私を魅了し続けています。まるで憑物に取り憑かれたように。
 
この地球の唯一の衛星は、27.32日かけて、円に近い楕円形の軌道で地球の周りを廻っています。しかしながら、朔 (新月)→上弦→望(満月)→下弦→朔と、完全に見栄えが一周するには、約29.5日、より正確には29.530589日が必要となります。
 
また、不思議なことに、月の自転周期は27.32日で、公転周期と完全に同期しているため、地球上から見ると、月の裏側を直接観測することは永久にできないのです。何と、月は慎ましく、ミステリアスな存在なのでしょう。
 
私達の年代が子供の頃、月は更に神秘でした。古来、暦を読むことを「月を読む」「ツキヨミ(ツクヨミ)」「月読」と言ったものですが、月の満ち掛けは潮の満ち引きだけではなく、人類に多大なる影響をもたらすものだと信じられていました。さすがに、ウサギやかぐや姫の存在は信じていませんでしたが、夜道に映る自分自身の影との追い駆けっこはとても楽しい記憶です。現代の都会では、そんなことはとても無理ですが。
 
気象衛星DMSP(defense meteorological satellite program)が観測した膨大なデータの中から、常に出現する光源のみを全地球的に収集したものが World Stable Lightデータとして公表されており、それを見ると、やはり都市周辺は煌々と光り輝いています。街としての灯りが大きな問題です。無論、犯罪を抑制したり、ライトアップによる美しい光景を見ることができるのも確かです。
 
唯、膨張し続ける人間の欲望の肥大化にどこまで付き合わされるのか、この先の世代のことを考えると心配です。そして、そんな警鐘を含めてつくられたのが、この KAZZ MOON というプロジェクトです。
 
月影とは、月明かりのことをいいますが、美しい天然の月と人の手によってつくられた建造物との対比と一体化。そのパラドックスとも言える美しい光景を、もう一度、じっくりと見直して頂きたい。そんな風に考えております。

テクニカルノート

 

 
KAZZ MOONは、世界で初めて月明かりによって感光させたゼラチンシルバープリント写真によるアート作品シリーズです。

月光によって「ゼラチンシルバープリント」の作品がつくられる!!!??? 
  
それには、まず、光の汚染が少なく、屋外で作業ができる場所を探し出し、そこに行かなければなりません。感光作業のために利用可能な時間は、満月、満月前の1日、満月後の1日、つまり、ひと月に、たったの3日間です。しかも、屋外であるために、天候の良し悪しは重要で、雨や曇りの日の操作は不可能です。 
  
通常、ゼラチンシルバープリントは、暗室で感光されます。通常の大きさであれば操作はひとりでできますし、フィルムを拡大して露光することも可能です。 しかし、KAZZ MOONシリーズの場合、月明かりによって行われるため、画像を拡大するという行為は出来ません。つまり、1分の1の大きさによるプリントを行います。今回の作品は、縦2m40cm x 横80cm という大型作品なので、そのサイズのフィルムが必要だということになります。 
  
そんな大型フィルムのプリントは、1回の操作で多くの作業が必要となり、1回の感光作業で、少なくとも4人の協力が必要となります。しかも、すべての材料は高価です。 
近年、大部分の写真技術がデジタル化されて、ゼラチンシルバープリントの需要は極端に減少し、用紙や感光液などの材料を扱う企業の数も少なくなって、価格は高騰しています。 
  
しかし、我々はこの難点に妥協することはなく、利用可能な最良の材料と技術によって月光によるゼラチンシルバープリントの作品を完成させました。 
  
美術館のアーカイブ規格に適合する方法で、作品の製作からフレームの仕上げまで作業をしています。すべてのプリントは長期保存が可能で、フレームなどに使用されているすべての材料も、長期間保管できる素材によってつくられています。 
  
その繊細できめ細やかな表現を、是非、ご高覧頂きたい。そんな風に考えております。

 
 
The Kazz Moon series is the world's first photo sensitized to moonlight with the traditional gelatin silver printing method.

There are many difficulties to sensitize gelatin silver paper to moonlight. 
One of them is to go to a place where there is no light pollution and work outdoors in order to sensitize only by pure moonlight. 
  
The time available for work during the month is only 3 days (full moon, one day before the full moon, one day after the full moon) around the full moon. 
It is affected by the weather because it gives outdoors exposure. 
Even in rainy and cloudy days, the exposure value changes and the operation is impossible. 
  
Typical gelatin silver prints are exposed to the light of a light bulb in the darkroom. Therefore, it is possible to enlarge the film to give exposure. In the case of The Kazz Moon series, it is not a concept to enlarge the film because it should be exposed to the moonlight. 
  
Large size prints require a lot of work for a single operation. 
When working on a single exposure, one person can do enough in a dark room, but the Kazz Moon requires at least three people. 
All materials are expensive. Gelatin silver print is a traditional photographic technique that is gradually disappearing. 
  
As the majority of photographic techniques have been changed to digital form, demand has decreased, the number of companies handling materials such as photo papers and emulsions is decreasing and the price is getting higher. 
  
However, we did not compromise on this difficulty and finished the gelatin silver print with the best materials and techniques available. A full-fledged gelatin silver print of this size will be even harder to see in the future. 
  
We work in a way that meets the museum archival standards from the production of the print to the finish of the frame. 
  
All prints are made with neutral treatment to ensure long-term preservation. All materials used in the frame are made of neutral materials that can be stored for long periods of time. 
  
It is fundamentally different from the most commonly used Archival Pigment Print (Inkjet Print) or Digital Gelatin Silver Print using a laser.

銀座屋上ギャラリー 枝香庵  開廊10周年 !

おめでとうございます !  銀座屋上ギャラリー枝香庵 が開廊10周年を記念して、3連続の企画展を開催されました。
私は、その中のひとつに未発表新作を展示させて頂きました。本当にお世話になっています。これからも、ますます素晴らしいご活躍を !
7階部分には、「枝香庵 Flat」という名の新しい展示スペースも開設されています。是非、ご利用ください。

Congratulations!  Ginza rooftop gallery Ekoan hermitage is to commemorate the 10th anniversary, has been held three consecutive exhibition.
I was allowed to exhibit unpublished new work in one of them. It really thank you for everything. In the future, more and more wonderful your success!
The 7 floor, a new exhibition space named "Ekoan Flat" has also been established. By all means, please use.
 

 

★ Affordable London & SCOPE Basel

去年の今頃はヨーロッパを転戦していましたが。今年は作品の参加だけ。
現地に行けば、新たな出会いも刺激もあるのですが…。全てのアートショーに行くのも無理ですし。難しい判断です。
 
This time of the last year,  I was going around the three countries in Europe.
However, this year, it was participation of my artworks only.
If I go to the local,  I can get not only new encounter, but also wonderful irritation.
 
It's impossible to go all of art show.
Where to go is a difficult decision

 

・Affordable London 2016
 

 
・SCOPE BASEL 2016
 
 

台北での個展 ! — Solo Exhibition in Taipei !


 
・日 時 : 2016年5月27日〜6月11日
・場 所 : U space Gallery 台北市大安區敦化南路一段312號
 
・27,May/2016〜
・Uspace Gallery  in Taipei

 

Tokyo International Art Fair


 
東京インターナショナルアートフェアという原宿表参道で開催されるアートショーに出展します。今年は、国内充実の年 ! という訳ではありませんが。楽しみです。遊びにきて下さい。

I'm gonna participate in the art show to be held in Omotesando Harajuku of Tokyo International Art Fair.
This year, does not mean that the year of domestic enhancement!.
I'm looking forward to.
Please come to see !

● 5月13日-14日
 

「KAZZ 森下個展」開催 ! / KAZZ MORISHITA SOLO EXHIBITION !


 
本当に久しぶりの東京での個展。と思ったら、前回は一昨年前でした。
ここの所、ずっと海外のアートショー中心に回っていたので、作品の変化にビックリされるのではないでしょうか。どうか驚いて下さい。少しは成長していると良いのですが。

今回の個展では、特定日のオープニングレセプションは行いません。そのかわりと言っては何ですが、毎日、午後2時から6時30分まで、KAZZ 森下がワインを携えて待っております。

タイトルは「手漉き和紙 Vs. アクリルマウント」
和と洋のテクスチャーの違いを実感して頂けると思います。
 
  NICHE GALLERY 
 3-3-12 Ginza, Chuo-ku, Tokyo, JAPAN  
 4 April—12 April 12 : 00—18: 30(17 : 00 The last day)
 
Solo exhibition in Tokyo !  I missed for a long time. The last time, it was before two years ago.
Recently, I've been around many art show overseas.
So, you'll be surprised to changes in my art works. Please be surprised. I'm happy if you'll discover my little growth.
 
In this exhibition, we do not perform the opening reception of a specific date. Instead of that, every day, from 2 pm to 6:30 pm, KAZZ Morishita is waiting for you with the wine.
 
The title is "handmade Japanese paper Vs. acrylic mount"
Please feel the difference between Japanese and Western texture.
 

SCOPE In New York 2016 


 
https://scope-art.com/shows/new-york-2016/about/

折角、ニューヨークの展覧会に出展させて頂きましたが。本人は行けませんでした。そして、作品も売れず。どうもアメリカ市場には向いてないのでしょうか。とほほっ…。頑張るっきゃない !

In March, I was allowed to exhibit at the exhibition in New York. However, I  myself could not go. And, no one bought my art works . Apparently, am I not suitable for the United States market.
Oh my God... !  Do for it !
 

Infinity Japan Contemporary Art Show 日本無極限

 
去年は台中。そして、今年は台北のミラマーガーデンホテルで開催の「Infinity Japan Art Show」。特に、今年は、台北一の観光地「台北 101」でブレエキシビジュンまで用意されているという得点付き。
来年も同じホテル内で開催が予定されているそうです。日本の画廊の皆さん、来年は是非出展されてはいかがでしょう。勿論、訪問だけでも楽しいことが待っていますよ。
 
Last year in Taichung. And, this year, "Infinity Japan Art Show" held at the Miramar Garden Hotel in Taipei. 
 
Especially, this year, including a profit for joining the Pre Exhibition at  "Taipei 101".  It is the most famous destination for tourist.
 
I heard It is planned to hold in the same hotel next year. 
Hey ! Japanese gallerists, would you join the next year !
 
Of course, it's fun even visit only.
 

 

2月の展示会スタートは此処から

台湾で初めて開催される新しい展示会 !  コミッショナーも若い !
This is the first exhibition in Taiwan ! With young friends !

http://www.wonderfoto.com/
 

 

Absolutely, I like Moon !

 
 

 

新しい年の幸せな予感 ーNew Years' Happy Premonitionー

 

 
新しい年を迎えると、訳も無く幸せな気分になります。
町を歩く人達の顔も、いつもと違って何かとても平和そうです。
いつまでも、それが続くことを願うのはいけないことなのでしょうか。
2016年が、世界中の人達にとって、素晴らしい年となりますように。
 
When a new year come, it will be the happy mood.
The faces of people who are walking through the town, look like something very peaceful also. Different from usual.
Is it childish that we believe to continue such a peaceful world forever ?
 
2016, Be wonderful year for everybody in the world !
 

2015-NEWS !

日本に戻ったら、パリからこんな絵知らせをしてくれました。全然知りませんでした。嬉しいです。

i've just come back from Paris. My friend informed such a nice new about the article to introduce my work ! I didn't know it at all.

http://blogs.votreargent.fr/marche-de-l-art/2015/11/13/fotofever-genial-et-enthousiasmant/
 

New version Towards 2016 !!!

 
 

 

Black !

 

 

I love Paris ! & Peace !!!

「fotofever」というルーブルの地下会場で開催される展示会参加で、パリに滞在していました。去年に続き、二度目の参加です。

展示会初日は何事もなく、この会特有の和やかな雰囲気で行われていたのですが……。
その夜・13日の金曜日に、例の惨劇が起こりました。テロです。パリの街は大混乱。翌14日の土曜日、確認のためもあって朝早く会場に向かったのですが、表の入り口のガードマンにいきなり止められました。「アンタ、事件は知っているだろう。当然、クローズだよ !」確かに。
アートショーどころではないでしょう。事件の大きさを改めて思い知り、ホテルに戻りました。

しばらくしてfbメッセンジャーを見ると、他のブースに出展している友人から連絡が入りました。
何と!  彼は、既に会場内にいると言うではありませんか。今日も開催するというコミッショナーのメールつきです。
慌てて会場に駆けつけると、先ほどのガードマンがバツ悪そうに入り口を開けてくれました。「ボンジュール ムッシュ!」。

開場時間はとっくに過ぎています。しかし、来場者どころか、出展者の姿もまばらです。外出を控える通達が出ているのですから無理もありません。お隣のルーブル美術館は、当然、閉館。商店モールも閉店です。やがて、グランパレで開催の「Pari Photo」の中止ニュースも入ってきました。

皆、沈痛な面持ちです。パリ在住の出展者が一番多いのですから。家族や友人のことが皆心配です。

そんな中、とにもかくにも最終日である15日・日曜日まで、何とか開催にこぎつくことが出来ました。

開催終了を告げるアナウンスが流れた時、期せずして会場内全体に拍手が巻き起こりました。アートショーでは初めての経験です。

傷ついたパリの心と身体。いつになったら「平和」という文字が世界に冠することが出来るのでしょう。私は私の本分であるアートという分野で頑張るしかありません。

どうか世界中の人々が、友であり、平和でありますよう !

For The exhibition participation  named "fotofever", I had been to stay in Paris. The venue is located underground the Louvre Museum.
It is the second time of participation.
 
The first day, it was so nice, without incident.
This meeting is in unique peaceful atmosphere. But ....
 
On 13th Friday night, that scourge of occurred. Is terrorism. 
 
Paris in chaos. 
The next day 14th Saturday, I went to early morning venue partly for confirmation, but was suddenly stopped at the entrance by the security guards. "Hey you ! You know the incident. Of course, fotofever is closed today !" 
I agree with you. It would not be in the art show such a day. I realised the magnitude of the incident. I was back to the hotel.
 
After a while, when I look at the fb, I got the message  from a friend that has been exhibited at the other booth.
 
What ! 
He is already in the booth. Attached the email from the commissioner that also be held today.
 
I rush to the venue in a hurry, just the security guard told me to open the entrance. "Bonjour Monsieur!".
 
Doors open time has passed. However, not only visitors, also exhibitors very few. Because I know that we are told refrain from going out, so there is no wonder. Louvre Museum, of course, closing. Shopping Mall is also closed. We have also heared a news of "Pari Photo" closed at the Grand Palais.
 
Everyone, is a pensive look. Since the exhibitors of Paris resident is the most often. That of family and friends is everyone worried.
 
Among such, untill the last 15th Sunday, was able to be held.
 
When the announcement telling the holding end flows, it occurred winding applause throughout unexpectedly within the venue. This is the first experience in the art show.
 
Broken heart and body of Paris.  
When will it be able to become word "peace" in the world ?
I can only work hard in the field of art is my duty.
 
Whether people around the world, be friends each other, and peace! 
 

KIAF 2015 / ART SEOUL

「Affordable Art Show」に続いて、2ヶ月連続の韓国ソウルです。
歴史のあるアートショーなだけに、作品も展示も、どのブースも素晴らしい !
KOREA TIMES のインタビューを受けたり、1点ニューヨークでも紹介されることになったり。嬉しい結果です。

Following the "Affordable Art Show", it is South Korea Seoul of 2 consecutive months.
KIAF is the biggest art show in Korea with the history. In every booth, the art works and also exhibitors are so great !
 
I had been received the interview of 'KOREA TIMES.' And, my work will be also introduced at New York. It is a happy result.
 

 
 

Affordable Seoul Art Show !

韓国アフォーダブルに、「GINZA G2 Gallery」から参加させて頂きました。
韓国での初めてのアフォーダブルということです。
ご来場の皆様、本当にありがとうございます。
 
 

 

今年の残りのスケジュール This year's remaining schedule

今年の残りのアートショーの出展は、下記の通りとなっています。
スケジュールの合う方は、是非、ご高覧下さい。そして、お友達にも知らせて下さいね。お待ちしています。
 
I'm gonna join these Exhibiton of this year the rest
Please come to see, if you have time.
And please tell your friend also.
I'll be waiting !
 
・Affordable Seoul  (Booth Name : G2 Gallery)
9月11日・金曜日(11/Sep.) 11am-6pm
      ▼
9月13日・日曜日(13/Sep.) 11am-6pm
 
・KIAF 2015 / ART SEOUL (Booth Name : KAZE Gallery)
10月7日・水曜日(7/Oct.) 1pm-8pm
  ▼
10月10日・土曜日(10/Oct.) 1pm-8pm
10月11日・日曜日(11/Oct.) 11am-5pm
  
・2015 fotofever in Paris (Booth Name : G2 Gallery)
11月12日・木曜日(12/Nov.) 6pm-9pm
11月13日・金曜日(13/Nov.) 11am-7:30pm
11月14日・土曜日(14/Nov.) 11am-7:30pm
11月15日・日曜日(15/Nov.) 11am-7pm

・SCOPE MIAMI BEACH 2015s (Booth Name : G77 Gallery)
12月2日・水曜日(2/Dec.) 11am-8pm
  ▼
12月6日・日曜日(6/Dec.) 11am-8pm
 

 

I think…

海外にいくと、たくさんのことを学びます。
展示について。自己宣伝について。個性について。
どちらにしても、海外のアーティストの精力的な活動には驚かされます。
 
自分は、自分の道を歩むしかないのですが。やはり影響も受けます。
そして、新しい作品づくりがますます楽しみとなりました。

Whenever I go abroad, I learn a lot of things.
About how to exhibition. self-promotion. personality.
Either way, I'm very surprised at vigorous activity of foreign artists.
 
However, I do nothing but walk my way. Sometime it also affected.
And now, I have much pleasure for new art work.
 

 

ロンドン→バーゼル→ミラノ London→Basel→Milan

久々の長旅。ロンドンの「アフォータブル・アートショー」に参加させて頂き、その後は、スイス・バーゼルの「SCOPE」 というアートショー。そして、最後はミラノ万博絡みの日本文化を紹介する「にっぽんサローネ」への参加です。

全ては、関係者皆さんのお陰。たくさんの喜びと、気づきを与えてくれました。

What a long journey!  I joined "Affordable Art Show" in London, then, the art show called "SCOPE" of Basel, Switzerland. Finally, also joined in the "Japan Salone" to introduce Japanese culture of Milan Expo related
 
Thank for all people involved everyone. And it gave me a lot of joy, and the new mind.
・Exhibits in Milan
 

 
SCOPE in Basel
 

 
Exhibit in SCOPE  -illuminated partly !-
 

 

アートフェア  香港&台湾 -Art Show in Taiwan & Hongkong-

2015年3月は、アジア ホテルアートフェア イン香港と、台湾のインフィニティジャパン2015という展示会に立て続けに参加させて頂きました。

どちらも初めての参加。
アジアは近いし、どことなく同胞という感覚があって、気分的には楽ですね。
但し、スケジュールの都合で、台湾の方は作品だけの参加です。
次の機会には、是非行きたいなぁ。

In March 2015,  I was allowed to participate in quick succession in the exhibition Asia Hotel Art Fair in Hong Kong, and Taiwan Infiniti Japan 2015.
 
Both first-time I joined .
Asia is close, somehow there is a sense of brotherhood, It is relax to emotionally
 
However, in the convenience of schedule, I didn't go to Taiwan myself.
The next opportunity,  I realy want to go Taiwan.
 
ホテルアートフェアって部屋が展示場になるんですよ。
 
こちらは台中三越での展示会

 

三越本店5階和食器売場

此処は、いつまで見ていても飽きません。
伝統を生かした匠の作品から、若い完成溢れるカジュアルなものまで。実に様々な和食器を楽しむことができます。

私の春の作品も、展示販売されています。是非、ご覧になって下さいね。
人間国宝 市兵衛さんの漉いた越前和紙にプリントした作品です。風合いが本当に素晴しいです。

Here, you do not get tired even watching forever.
From Takumi works utilizing the tradition, to things that young finished full of casual. You can enjoy a wide variety of Japanese instruments.
 
My spring of work has also been exhibited and sold. By all means, please take a look.
Echizen Washi made by Living national treasure Mr. Ichibe is really   splendid.
 

 

Award !

珍しく、賞を頂きました。アート部門奨励賞というものです。
力づけを頂いたようで、本当に嬉しいです。
いつもとは違う作風なんですけどね。

I got the prize. Art Division Encouragement Prize.
I'm really happy.
Although It's different style for comparing from the usual!?
 

 

artchain

face book で、突然指名されました。尊敬するニューヨークのアーティスト  Michael Krasowitz 氏より。

最初は意味が良く分からず、とにかく作品を掲載すれば良いと理解しました。
途中で、一日に3作品、5日間連続で作品をアップしなくてはならないことを知り、大慌て。何とか、辻褄を合わせて、本日(2015/2月8日)無事終了しました。

こんな機会を与えてくれて、ありがとうマイケル !

On face book, and I had been suddenly appointed. From Respectable   New York artists "Mr. Michael Krasowitz".

The first, I don't know the meaning, but I was anyway understanding and may be published works.
Along the way, 3 pieces per day, knowing that it must be upload works in five consecutive days, and surprised. Somehow, the combined makes sense, today (2015/2 May 8, 2009) was successfully completed.
 
Thanks a lot for giving me such a opportunity, thank you Michael!

 
●artchain に載せた作品の一部です。
●A part of the works that uploaded into artchain.
 

 
以前、韓国で個展を開催させて頂いた時に、大変ご好評を頂いたものです。
秋から引き続いての2点もございます。是非、お立ち寄り下さいね。

Hello !!!  Los Angels !

LA ART SHOW というロサンゼルスでの展示会に参加させて頂きました。

今年20周年という、このアートショウへの参加は初めて。というよりは、ロサンゼルス訪問自体、ほぼ20年ぶり。
更に、もっと昔、ロスには4ヶ月ほど住んだことがあります。
あぁ…懐かしのロス。様々な楽しい出会いに感謝します。優れたアーティストは、とても魅力的なキャラクターであることを再発見致しました。

http://www.laartshow.com

 I was allowed to participate in the exhibition called LA ART SHOW.
This is the first time I join it, 20 years anniversary this year.
Visiting L.A. is almost 20years ago.
In addition,  long long time ago, I had been lived four months there.
I love L.A..

This time, I would like to thank the various fun encounter.  
And I rediscovered that excellent artists are very attractive character.
 

 
Symposium By Japanese artists in LA ART SHOW.

Which one am I ?
LA ART SHOW のための作品。
素敵な若い女性の所へ行きました。ありがとあうございます !!!

My art work for LA ART SHOW.  
Very nice young lad took it her home. Thanks a lot !!! 
 

Exhibits in Shanghai !

 

 

冬の日本橋三越本店5階

秋の作品に続いて、冬の作品も1点展示販売させて頂いています。
 

 
以前、韓国で個展を開催させて頂いた時に、大変ご好評を頂いたものです。
秋から引き続いての2点もございます。是非、お立ち寄り下さいね。

"fotofever" PHOTOGRAPHY ART FAIR in PARIS

I've never known such a comfortable Art Show !
 

 
I love Paris. See you !!!

日本橋にお出掛けの節は、是非 !

先ずは、ご報告です。
10月7日より、日本橋三越本店・和食器売場の壁面を使って、我が作品の展示販売をさせて頂いております。
南青山の「白白庵」というギャラリーを主宰する超高感度プロデューサー「石橋圭吾」さんのディレクションです。
和食器売場という場所柄、敷居は低いです。是非、ご覧になって下さいね。
期日は11月の初頭まで。という緩〜いものです。
因みに、ギャラリーではないので私は滞在しておりません。悪しからず。

久々に個展のお知らせです !

Moonlight SERENADE ーKAZZ 森下 作品展ー
 
 

 
会期 : 2014年3月5日(水)ー3月13日(木)
11:00 - 18:30(最終日は17:00まで)3/9(日)は、休廊です
場所 : NICHE GALLERY(東京都 中央区 銀座3-3-12銀座ビルディング3F)
TEL&FAX: 03-5250-1006
★心よりお待ち申し上げております。

Moonlight SERENADE  ーKAZZ Morishita Solo Exhibitionー
Date : 5th/March/2014 - 13th/March/2014

11:00ー18:30(Only the last day Untill17:00)
Closed on Sunday 9th Venue : NICHE GALLERY  3f.Ginza BLDG., 3-3-12 Ginza,Chuo-ku,Tokyo,JAPAN
TEL&FAX: +81-3-5250-1006
★I'm waiting for you !

「Facebook」!

突然招待があり、はじめてしまった「Facebook」。
今では、大切なツールです。 しかし、招待して下さったのは、一体、誰なのでしょうね?
実は、いまだに謎です。 'Facebook' that had started there is a sudden invitation.
It is a very important tool now.
However, who had invited me?
In fact, it is still a mystery.
チョット覗いてみて下さいね。Look at This ! こちら

"fotofever" PHOTOGRAPHY ART FAIR in PARIS

行ってきました。パリへ。
11月14日-16日まで開催された「fotofever」という展示会に、銀座G2ギャラリーのブースより出展させて頂きました。場所は、あのルーブル美術館の地下にある「carrousel du louvre」にあるホール。
お陰さまで大好評。来場者のほとんどが写真関係者。私の作品を買って下さったのもプロフェッショナルのカメラマンということでした。
忘れ物を取りに帰ったお陰で、空港到着が出発前33分だったり。忙し過ぎて一度もフレンチを食べる余裕がなかったり。色々ありましたが、本当に楽しい時間でした。ありがとうパリ !  ありがとう皆さん ! Merci!

http://www.fotofeverartfair.com
I went to Paris !
The exhibition called "fotofever" during November 14 to 16, I was the exhibitors of Ginza G2 Gallery booth.
Location, the hole in the "caroused du louvre" in the basement of the Louvre Museum.
Most of the visitors photos stakeholders. People that bought my works were also the professional photographers.
Merci Paris!

'Hernan Miranda' 展覧会

パラグアイ共和国独立200周年を記念して、千代田区六番町のセルバンテス文化センター2階にて、パラグアイ出身のアーチスト、エルナン・ミランダ氏の展覧会が開催されています。
パラグアイの作家が日本に紹介されたのは初めてのことで、エルナン・ミランダ氏が いかに注目されているかが分かるというものです。
実は、エルナンとは友達! 昨年の夏も、彼の本拠地であるフロリダのギャラリーを訪れました。しかも、私の作品も置いてもらっています。
彼の作品は、テキスタイルの一部をそのままオイル・ペイントの中に埋め込んだり。虚と実がミックスして新しい虚と実の世界をつくり上げる不思議な世界です。
最終日は5月26日の日曜日(最終日は13 : 00まで)まで。
是非…是非! お出掛け下さい!

Exhibition of Mr.Helnan Miranda who is the artist and the gallerist
I respect was held untill in May 26.
Artists from Paraguay is to hold the exhibition, it is the first time in Japan!
So Cool!

終わったぁ〜!

2013年5月6日、やっと終わりました。
此処数年間、自分の作品ではなく、他人の作品の展覧会のために一生懸命動いてきた集大成と言いますか。第一歩と言いますか。とにかく東京での展覧会が終わりました。 この後、関西、名古屋地区、その他たくさんの地域での開催が予定されています。
自分の作品展であったなら…。どんなに嬉しいことやら。規模が違い過ぎて嫉妬はありませんが。今、モーレツに作品づくりがしたい。そんな気分で一杯です。 作家とは、業が深い生き物です。

May 6, 2013, was over at last.
The past few years, rather than my work, and I have been working hard for the exhibition of the work of others.
Do you say it's the culmination. Or, do you say it's the first step?Anyway, exhibition in Tokyo was over .
After this, it'll be held in Kansai, in Nagoya, in the region and much more is planned.
If it was my own exhibition .... !
I wonder that no matter how nice. There is no jealousy scale is too different.
Now, I'd like to create works hard. It is filled with such feeling. The creator is deeply sinful creature.

ふと思う…こと

昨秋、ロンドンのテート・モダン・ギャラリーで開催された「ウイリアム・クライン+森山大道」写真展は、大変に評判が高かったようだ。
 

 
おふたりとも、20世紀の重要な写真家であるが。我が青春期に見覚えのある氏の作品を目の当たりにすると、懐かしい! という感情が先に立ってしまった。
写真という「瞬間」を表現するメディアにとって、その被写体の時代背景が古びたモノである事は仕方がない。
勿論、普遍的な訴求力は其処彼処で感じるし、西洋人から見たら、さぞや新鮮で有機的な撮り方であると感じるだろう。  そう。私の言いたいのは、結局、世界で認められるメイドイン・ジャパン の作品は、東洋的サブ・カルチャーなのかという点である。
何がサブで、何が本流ということもないかも知れないし、求められるものだけを表現したという訳でもない。海外で求められるジャポニズムとしてのアイデンティティーを、今年は、もう一度考え直してみたい。

Last fall, was held at the Tate Modern Gallery in London photo exhibition "William Klein + Daido Moriyama ", seems to have a very high reputation.
With both of them, it is important photographer of the 20th century. And to witness the work of Mr. familiar with during my youth, feeling that! Nostalgic got up first.
I can not help that for the media to represent the "moment" of photography, historical background of the subject is the thing that it was old.Of course, I felt in that place there is a universal appeal, as seen from the western people, he would feel to be a way of taking organic fresh photos.
So. After all, I want to say is the point of the work made ​​in Japan, which is recognized in the world, or a sub-culture of oriental.
What does the sub, but might never anything that mainstream. And,I do not even mean to express only what is needed.
This year, I want to seek once again, the identity as Japonism sought abroad.

人生に「旅」というものがなかったならば…

何とつまらないことでしょう。
かのアインシュタインは、現役時代には世界中を飛び回っていたのに。晩年は、その過ちに気づいて、移動しないことによって地球規模のエネルギーを使わないように心掛けていたそうです。 う〜ん。どちらを選択しよう……。

嬉しいような…そうでないような…。

2012年は、色んな国へ行きました。
中国、アメリカ、イギリス。そして、ポーランド。
最初、ポルトガルと勘違いしていたくらい印象の薄かったポーランド。しかも、スケジュールの都合上、首都ワルシャワにも寄らず、周遊もなし。ドイツのフランクフルト空港経由で、いきなりポーランド国内のグダニスク空港入り。空港からはタクシーで30分ほど、人口40〜50万の町 グダンスクを訪ねました。
ひと言で言って、のどかな地方都市。
ポーランドは出稼ぎが多いせいか英語は普通に通じるし、世界一レディーファーストが徹底しているとかで。女性の一人旅がやたら多いんだそうです。
歴史ある東欧諸国は、チェコも同じく、ミックスブラッド化が進んでいるので、男女ともにキレイな人がイッパイ!  さぁ、未だの方は今直ぐ。
但し、私の見る限り、そんな女性の一人旅姿は全く見ませんでしたけどね。
 お人柄は ホントに良いです。レセプションでお会いした方々も、日本人など見たことない方ばかしでしたが。皆さん、向こうから話しかけて下さいましたし。しかも、モデルのように綺麗。
ひょっとしたら、日本人はデブ…と、悪い印象を植え付けてしまったかも知れませんね。ゴメン!

すんごい展覧会を見ました!

「Facebook」にも書きましたが。先日、すんごい展覧会を見ました。
まさに、キュレーターの情熱が凝縮された展覧会。神戸の六甲アイランドにある「神戸ファッション美術館」で開催されている「特別展示 女神(ミューズ)たちの肖像 ファッション写真展 モードと女性美の軌跡 」という催しです。  その数と密度は、まさに圧巻! マネキンにフィットされたコスチュームの数も驚きながら、その周りを囲む、ホルスト・P・ホルストやら、リチャード・アヴェドンやアーヴィング・ペン、ヘルムート・ニュートンなど、キラ星のごとき才能の固まりの写真たちは、ファッション写真という領域を超えて、人の息づかいまで聞こえてきそう。
 しかも…しかも、同時開催の「ベルナール・フォコンの見た夢 ノスタルジーを超えて」という展示も最高。少年のマネキンを使った夢想のシーンの創造。そして、それを写真として切り取ったフォコンの執着の魂は、今も私に語りかけてきます。
 嘗て、コム デ ギャルソン青山本店や宇都宮美術館において展示されたフォコンのマネキンたちは、今、新たに息を吹き返し、人間以上の存在感を示しています。2011年1月10日(月・祝)まで開催とか。是非! お出かけ下さい。お値打ちでっせ〜!

沖 縄

沖縄は、私にとって第二の故郷であり、其処へ訪れる事は、もう旅行でも旅でもありません。
 

 
だって、実際、家もあるし(ヤッタ!)。ヤマト(本土の人)にしては、かなり沖縄の事を理解していると自負しています。 そんな私にとっても、未だに慣れないのは、約束時間のルーズさ。
そんなもんだと思ってみても、飲み会の幹事なんて、下手に引き受けられません。「行くよ」とメールがあっても。遅れるくらいなら、「しかたないねー」と思うけど。まったく来ない事も度々…。
後で、「何でぇ〜?」と聞くと、「行こうと思ったンだけどね〜」だって。
憎めません。愛すべき、ウチナンチュー(沖縄人)。

ありがとうございました!

我が個展 ー気がつけば…『秋』ー 無事終了致しました。本当に、たくさんの方に来て頂き、感激です
お花の数も、びっくりする程。画廊のオーナーいわく、画廊始まって以来のお花の数だったそうです。
3年ぶりの個展開催ということもあったのでしょうか。オープニング・パーティーでは、作品を見て頂くと言うよりは、来廊者の皆様の素敵なお顔をて頂いた感じです。そんな訳で、おもてなしすることも出来ず、パタパタご挨拶に走り回るだけ。申し訳ありませんでした。
これからも、少しでも前に進むことができますよう、精進努力致すつもりでおります。どうか、宜しくお願い致します。
これからが、深まりゆく秋・本番。風邪などお召しになりませぬよう。

3年ぶりに個展開催 !

展覧会の題名は ー気がつけば…『秋』ー   実に、三年ぶりの個展です。
私自身、充分に大人の歳となり、ライフステージで言えば、きっと「秋」を迎えていることでしょう。
そして、社会は…? と見ると、高齢社会の到来、リーマンショック以降の経済危機、更には、3.11・東日本大震災によるダメージは余りにも大きく、やはり「秋」の季節を迎えているようでなりません。
まだ「冬」ではないけれど。情熱たぎる「夏」でもないこの時期。かと言って、「冬」に向かって、唯、粛々と準備をするだけと言うのも、どうも寂しい気がしてなりません。
「秋」には秋の輝きがあります。そぅ! 山々を萌やす輝かしい紅葉の美しさ。ややもすると、春の花々よりも遥に華やかで。充分、季節を楽しんでいる様に思われてなりません。
そんな秋の充実した風景を、どうか楽しんで下さい。
折しも、今回の作品の8割以上は、東日本大震災の被災地となってしまった場所の様です。作品の売り上げの一部は、是非、日本財団の運営する「ROAD PROJECT」に寄付したいと考えています。
 
●場 所 「NICHE GALLERY」東京都中央区銀座3-3-12銀座ビル3階
●電 話 03-5250-1006
●日 時 10月14日(金)ー10月20日(木)11時ー18時30分 
 
是非、お運び下さいます様。心よりお待ちしています。

はい! 私は「写真画家」です

「写真撮るのに、何時間もシャッターチャンス待つのなんてできない!! 絵描きたいけど、ヘタつくそ!!  だけど…だけど、何か表現したい!!! ーそんな想いがつくりだした作品が写真画という訳です。
「写真撮るのに、何時間もシャッターチャンス待つのなんてできない!! 絵描きたいけど、ヘタつくそ!!  だけど…だけど、何か表現したい!!! ーそんな想いがつくりだした作品が写真画という訳です。
そう、カメラの目ではなく、心の目に映し出された「記憶にないのに懐かしい…世界」そんな世界を描き続けてゆきたい…と考えています。
3.11以降、アーティスト達も、とみに社会貢献が求められている気がしてならない。
無論、アーティストかどうかと言う以前に、ひとりの人間として何が出来るのか。皆、一様に喉元に何かを突きつけられている。
しかし、待てよ…。思えば、3.11以前であっても、閉塞感の強い21世紀現代にあって、ART は形を失い、メッセージ性の強いものだけが影響力を持ちつつあった。それは、まるで、大勢の会議の席上、声がでかい奴の方が勝ち! と言った論理に似てなくもない。
そんなことでは、私は、ますます引き蘢ってしまいそうだ。
元々、フェース・トウ・フェイスのコミュニケーション能力が低かったゆえに、がむしゃらに制作に励んできたのに…。又しても、居場所を失ってしまうのだろうか。この地上の果て…(笑)

New Works !

 

 

about KAZE Gallery

風ギャラリー

〒111-0042

東京都台東区寿3丁目19-2シュロス浅草 202号

Contact

お問い合わせ

FacebookInstagram


『KAZZ Morishita ( KAZZ 森下 )』のFacebook、Instagramです。